すごいすと取材記

認定NPO法人放課後遊ぼう会 理事長足立典子 さん(53) 兵庫県

ギャラリーを見る

かけがえのない遊び場仲間

13年の活動で、思い描いた「自由な遊びができて、いつ誰が来ても遊べる毎日の遊び場」がひとつの形になった放課後遊ぼう会。

現在では、子育て中の母親もプレイリーダーとして活躍する。ボランティアスタッフも含め、運営に関わっている保護者も多い。

 

「子どもや学校って、いろんな人に支えられているんだって、この活動を通じて初めて知りました」

遊ぼう会に関わるまではPTAの活動には積極的に参加せず、自分の子どもしか見えていなかったのだと、あるプレイリーダーは笑いながら話す。

同じ学年同士での関わりでは終わらない遊び場の運営。保護者にとっても世代を超えて子どもたちの成長について大いに語り合い、刺激を受ける場ともなっている。中にはこの活動をきっかけにして、昔夢だった幼稚園教諭や保育士への道を再度目指す人たちもいる。

足立さんとプレイリーダー

子育てをしながら、プレイリーダーとして活躍するスタッフも多い。

今や子どもだけでなく、大人にとってもかけがえのない場所となった遊ぼう会の遊び場。

足立さんも遊び場を築いていくなかで、かけがえのない宝物を手にしたのだと語る。

活動を始めた頃、子どもたちが帰った後の学校で、仲間同士おにぎり持参で、遊び場をどのように作るべきか、毎月話し合った。この月に一度の話し合いの場は形を変え、今も続いている。

地域の人たちに理解してほしいと、それまで話すこともなかった自治会の人と話し、地域活動にも加わった。

そして、活動の広がりに伴い、仁川小学校区だけにとどまらず、思いをともにする仲間はどんどん増えていった。

 

自分の子どもはすでに小学校を卒業したけれど、足立さんは当初から変わらずボランティアで活動を続けている。

「私自身、地域や世代を超えて、子どもたちを応援してくれる人たちがいることを知り、たくさんの仲間を得ました。私にとってそうした出会いのひとつひとつが宝物です」

 

足立さんが大切にしているのは「仲間」。

何者にも代えがたい大切な仲間。子どもたちだけではない。何歳になってもここに来れば、そんな仲間に出会えるような遊び場づくりをめざしている。

大切なのは「仲間」

(公開日:H26.2.25)

1 2 3 4