すごいすと取材記

佐治倶楽部事務局出町慎 さん(34) 兵庫県

ギャラリーを見る

想い続ければ、必ず実現できる

大学生が丹波に 1 週間滞在し、職業体験等を通じて農山村の現状を知るワークキャンプ滞在型講座が開催されている。

大学生が丹波に1週間滞在し、職業体験等を通じて農山村の現状を知るワークキャンプ滞在型講座が開催されている。

山と田園に囲まれた素朴で美しい風景。温かい人々。このまちで暮らせることが幸せだと語る出町さん。
「今も活動を続けられていることに、感謝の気持ちしかありません。自分を受け入れてくれるこの地域、家族、仲間が財産。幸せです。」
ふるさとの奈良へ帰ると、風景が変わっていることがある。あったはずのものが、そこにない。見慣れた場所がなくなると、地域への愛着も薄れてゆく。
「風景が続いていくことは大切です。風景と地元への愛着は、つながっていますから。まちが空き家だらけになると、地元の人自身も関わるきっかけがなくなってしまう。この佐治のまち並みや風景を大切にしていきたい。建築家として関わっていきたいんです。」
集落の暮らしに関わりながら生きる日々。ずっと求め続けた想いは現実のものになり、出町さんは今ここにいる。

(公開日:H29.05.25)

1 2 3 4 5 6 7