すごいすと取材記

尼崎ENGAWA化計画藤本遼 さん(27) 兵庫県

ギャラリーを見る

イベンター?コーディネーター?「場を編む人です!」

「僕たちがやっているのは、まちづくりではなく遊びです。楽しいことには、みんな主体的に関わることができると思っていて。楽しくないと波及していかないから。」
気持のいい笑い声を響かせるのは、「場を編む人」藤本遼さん。
「『舟を編む』という本を目にした時、編むっていう表現がすごく日本的で美しいなと思ったんです。自分にできることは、それぞれが活かし合える関係を見出してつなぎ合わせること。場=関係性を編集することは、まさにこの言葉通りでした。」
かわいいコーヒースタンドに目が奪われるその奥に、木材が所狭しと壁を埋めるちょっと不思議な空間でインタビューは始まった。

インタビュー場所になった「傾奇者(かぶきもの)集落」は住宅地の一角に位置し、材木屋の敷地内にある。

1 2 3 4 5 6 7