すごいすと取材記

株式会社 香寺ハーブ・ガーデン福岡讓一 さん(58) 兵庫県

ギャラリーを見る

「白菜やネギは、霜にあたってからとりなさいよ。甘くなるからね」。
「なぜ甘くなるんだろう?」 
おばあちゃんとの世間話から、福岡さんは「糖ペプチド」の存在を知る。野菜エキスでご飯を炊くと腐りにくいことも発見した。従来の合成添加物を使わずに、天然エキスで食品保存が可能になるとしたら――。
関西大学生命科学工学部・河原秀久教授と研究を重ね、世界で初めてカイワレ大根からの不凍タンパク質エキス抽出に成功。河原教授、そして「合成添加物を世の中からなくしたい」という福岡さんの想いに賛同した株式会社カネカとともに、平成27年11月、科学技術分野における文部科学大臣表彰を受賞することとなった。
この不凍タンパク質エキスは、現在70種類の加工食品の品質保持剤として採用されている他、自動車製造や医療分野など、あらゆる産業に影響を与える画期的な発見として注目を集めている。

その一方で、もうひとつの福岡さんの想いも、少しずつ形になろうとしている。

1 2 3 4 5 6