すごいすと取材記

神戸女学院大学教授井上紀子 さん(64) 兵庫県

ギャラリーを見る

ゆっくり ゆったり のんびり ぼちぼち

大学ではほぼ毎日講義を受け持ち、6つの部活動顧問を務めている。井上さんの講義を選択した4年生の田村有祐美さんは「就活中の心や体が軽くなる感じがする」と汗をにじませる。今季からは、やりたい種目を学生たちがプレゼンテーションする授業を実施。近年の就職活動で試されるコミュニケーション力を育むのはもとより「楽しかった」と思えることが大切という考えからだ。来年3月に退職を控えてなおチャレンジし続ける。

トランポ・ロビックスと出合ってから「一番前を走っているから」と、休む間もなかった。知人に送るメールの最後に自戒をこめて「ゆっくり ゆったり のんびり」と綴っていたところ、「ぼちぼち、ね」と加えられた。

今年、孫ができた井上さん。「ゆっくり のんびり」過ごしたいところだが、健康で笑顔あふれる孫たちの未来をつくるためには「まだまだのんびりさせてもらえそうにない」と、走り続けていく。

平成26年に重要文化財に指定されたヴォーリズ建築である大学の体育館で講義。

平成26年に重要文化財に指定されたヴォーリズ建築である大学の体育館で講義。「息を止めないでー」「体をしっかり締めて動こうねー」「脂肪燃焼するよー」と井上さんの声が響く。原因のはっきりしない心身の不快感(不定愁訴)を訴える学生が多い昨今「カイロでなく体の芯から温める運動」をすすめている。

ゆっくり ゆったり のんびり ぼちぼち

(公開日:H27.10.25)

1 2 3 4 5 6 7