すごいすと取材記

大鳥圭介生誕地保存会 大鳥圭介塾 塾長 猪尾守之 さん(68) 兵庫県

ギャラリーを見る

大鳥圭介に出逢う

猪尾守之さんは上郡に生まれ、地元の高等学校を卒業後、京都大学で物理学を学んだ。日本初のノーベル賞受賞者である湯川秀樹博士の教え子だった。

 卒業後は神戸の住友ゴム工業に勤務。タイヤの研究、設計に携わる。名古屋に転勤した期間を除いて、定年まで上郡から片道1時間40分かけて通勤した。休日に地域で行う川や池の草刈などには参加してきたが、積極的に地域活動に関わることはなかった。

写真:上郡町

平成19年、定年退職した猪尾さんは、たまたま書店で大鳥圭介のことを書いた本を手にする。地元、上郡の出身者であるのに、大鳥圭介のことは、何も知らなかった。夢中で読むうちに、大鳥圭介のファンになった猪尾さん。「圭介さんから学ぶ(苦境を乗り越えてきた、その智慧に学ぶ)」とノートに記した。

写真:大鳥圭介

大鳥圭介

1 2 3 4 5