すごいすと取材記

くもべまちづくり協議会梶谷郁雄 さん(69) 兵庫県

ギャラリーを見る

私たちの学校がなくなる!?


雲部の町を見晴らす高台に、静かにたたずむ旧小学校舎。玄関に掲げられた「合同会社 里山工房くもべ」の表札をくぐると、懐かしくて新しい不思議な空間が広がっている。
里山に囲まれた、のどかな農村地帯に広がる篠山市雲部地区。農村地域・過疎化地方が抱える地域再生という課題に向き合う中、雲部小学校の閉校が決定。平成22年3月、118年の歴史に幕が下ろされた。
「小学校の閉校は想像もしていなかったこと。地域住民にとっては思いもしない話でした。すると今度は、校舎の跡地利活用という新たな課題が生まれました。窓を開けて風を通したり、掃除をしたり、周辺の草を刈ったり……。閉校後の校舎の管理は地域に任されます。でもこれが、地域づくりを本気で考えるきっかけになったんです。」と梶谷さんは振り返る。

1 2 3 4 5 6 7