すごいすと取材記

株式会社御影屋柿木貴智 さん(46) 兵庫県

ギャラリーを見る

松右衛門帆との運命の出会い

ぼっくりんグッズの開発に力を注いでいた2年目、「ぼっくりんばかりじゃなく他の物産品もつくってほしい」という新たな要望に、柿木さんはまたしても奮起する。
「市史を調べる中で、高砂市出身の工楽松右衛門(くらくまつえもん)という人物が、日本で初めて帆布をつくったという史実を知りました。日本の海運業に大きな発展をもたらした、日本最古の帆布です。最初は市販されている帆布に工楽松右衛門のワッペンを付け、売り出せばいいやという安易な考えだったんですが……。」
掘り下げていくと、現在の帆布とはまったく違うものだったという事実にたどりつく。そこで神戸芸術工科大学の野口正孝教授に相談。「当時の帆布を復元しましょう」という提案を受け、松右衛門帆の復元プロジェクトがスタートした。

神戸芸術工科大学の野口正孝教授との第1回松右衛門帆復活プロジェクト会議

神戸芸術工科大学の野口正孝教授との第1回松右衛門帆復活プロジェクト会議

1 2 3 4 5 6 7 8