すごいすと取材記

株式会社御影屋柿木貴智 さん(46) 兵庫県

ギャラリーを見る

「成功」とは「継続」すること

「僕の中では、成功することが当たり前。惜しい事業だったなぁ~で終わらせては、協力してくれた人たちに失礼ですから。それが僕の『意地』です」と話す柿木さん。
「株式会社を設立したのも、事業を成功させるため。僕の言う成功とは『継続』です。絶対に途中でやめたくない。」
「地域ブランドとして生まれた物産品が、市場で順調に育ち続けるケースは本当に少ない。継続するためには製品にして販売し、産業として育てること。自立が絶対必要です」と柿木さん。後世に松右衛門帆を残すには、伝統工芸ではなく地場産業として育てなければならないと語る。
「僕たちはバッグを売るためだけでなく、松右衛門帆を、ひいては工楽松右衛門を世に伝えるために事業をしています。バッグを手にしてもらうだけで『松右衛門帆って何?工楽松右衛門って誰?』と歴史に興味を持ってもらい、『高砂といえば工楽松右衛門』という記憶を残してもらう。創意工夫が得意で、我が身を利することより、世の人の役に立つことを信念とした高砂が誇るすばらしい人物『工楽松右衛門』を、いろんな人に伝えることが町の活性化にもつながるはずです。」
柿木さんは、言葉に力を込めた。

「御影屋」の事務所兼作業場とスタッフ達

「御影屋」の事務所兼作業場とスタッフ達

1 2 3 4 5 6 7 8