すごいすと取材記

NPO法人さんぴぃす 理事長河口紅 さん(52) 兵庫県

ギャラリーを見る

子どもたちの笑顔のために

さんぴぃすでは、「学びの原点は遊び!」を合言葉に、子どもから大人まで、世代を超えた交流を育む取り組みを展開している。

芦屋の自然を守り、自然に学ぶ「アシレンジャー」は、小学生が芦屋川や六甲山で、自然観察や里山整備などの体験活動。捕まえた魚を食べたり、木の実を集めて発芽のさせ方を学ぶなど多彩なプログラムが組まれており、10月には川から海に移動するモズクガニの夜間観察会も行われる。月1回開催されるアシレンジャーの活動は、子どもたちはもちろん、一緒に活動する大人たちも心待ちにしている。また、アシレンジャーの活動範囲を市外にも拡大した「さんぴぃす冒険倶楽部(SAC)」では、親子クッキングや水族館お泊り体験などを実施。夏休みには琵琶湖キャンプと、神戸市北区で山遊びキャンプを開催。活動を通して子どもたちの笑顔が広がっている。

これらは、兵庫県立人と自然の博物館や芦屋市環境課、地域で活動する環境保全団体等とも協働している。「さんぴぃすが、たくさんの人たちが行き交い、帰り着き、旅立つ場である“STATION”のような存在でありたい」との思いから活動を続ける河口さんたちの取組は、子どもたちを笑顔にしながら、たくさんの人たちを結びつけている。

7月27日 アシレンジャー「芦屋川上流での生き物観察会」

7月27日 アシレンジャー「芦屋川上流での生き物観察会」

8月1日 アシレンジャー「宮川河口域での生物観察会」

8月1日 アシレンジャー「宮川河口域での生物観察会」

1 2 3 4 5 6