すごいすと取材記

株式会社灘菊酒造 杜氏川石光佐 さん(36) 兵庫県

ギャラリーを見る

姫路の酒を造る

灘菊酒造は、姫路を中心に地産地消を提唱する「食・地の座」のメンバーでもあり、川石さんも「地のモノ」にこだわって酒造りをしている。

原料となる米は「山田錦」、「五百万石」、「兵庫夢錦」と、兵庫県産米を中心に厳選したものを使っている。「お米を作ってくれた人の顔が見えるお酒を造りたい」という気持ちで米を磨き、蒸す。

写真:米

市川町の酒米「兵庫夢錦」。

水は創業当時から湧き出る市川水系の地下水を使用。やや軟質で、口当たりの柔らかい酒ができる。

地元の米と地下水を使うことに加えて、その水で育った地元の人で醸すことがオリジナルの味をつくるというのが灘菊酒造の信念。一緒に酒造りをするのは、播磨出身の蔵人たちだ。

「日本には1300の蔵元がありますが、同じ材料を使って造っても、どれひとつ同じお酒はできません。それぞれの蔵が、その蔵らしさを出している。その中で『灘菊酒造らしさ』とは、地のモノを使い、地の者が、手作りにこだわっていることだと思っています」

姫路の地で100年以上続く伝統の技法を守り、米と水という土地の恵みを大切に使いながら、川石さんは灘菊の蔵でしかできない酒を醸している。

写真:職人さんたちとの写真

地元播磨出身の蔵人たちと

日本酒をもっとたくさんの人に飲んでほしいと、新たなファンの掘り起こしにも力を入れる川石さん。炭酸で割ったりレモンやライムを絞るなど、これまでにない飲み方をホームページで発信したり、時には直売店に来た客と自ら顔を合わせて、積極的に提案している。

また、今年から灘菊酒造では、兵庫県中小企業団体中央会が進める「連携組織活路開拓・実現化事業」の一環として、地酒を扱う姫路市の酒販会社と連携しながら、「はりまの日本酒スパークリング」を新たに開発する取り組みを始めている。

見た目がおしゃれで口当たりが良い発泡性の日本酒は、どんな料理にも合うことから人気が高まりつつある。若い人たちや女性の間にも日本酒の愛好家が増えることで、原料の酒米である「兵庫夢錦」の栽培も活発になり、西播磨地域の休耕田も少なくなる。

この「日本酒スパークリング」が姫路の新たな名産品に加わる日を目指して、川石さんは開発に力を注いでいる。

写真:灘菊の販売所にて

1 2 3 4 5