すごいすと取材記

駅舎工房「モン・ファボリ」北垣 美也子 さん(41) 兵庫県

ギャラリーを見る

パンに焼き込むのは、地元地域への感謝と愛情

それは、駅舎に米粉のパン工房を開設しようというプロジェクト。「駅舎を地域コミュニティの場として存続させる」「栽培が途絶えてしまった地元発祥の酒造米をもう一度育てる」「障がい者も生き生きと働ける場所をつくる」という想いから生まれた構想だった。
「最初は、『ゆたか会』にパン職人を紹介することが役目だったんです。構想を色々な方に説明しているうちに『私がやるのが、いちばんいいんじゃないの?』と思うようになって……。」
パン屋で修業をしたこともなければ、アルバイトとして働いた経験さえない。オーブンやミキサーの使い方も手探りで身に着けた。どうしたら自分のつくりたいパンが焼き上がるのか、試行錯誤の毎日。
「経験のなかった私に、よくやらせてくださったと感謝しています。チャンスをいただけたことに、どう応えてゆこうか。地域への感謝や愛情を、パンで表現しなくてはと思いながらつくっています。
そこにも、北垣さんならではの想いがある。

モン・ファボリの厨房では、地元産「野条穂(のじょうほ)」の米粉でパンをつくる。

モン・ファボリの厨房では、地元産「野条穂(のじょうほ)」の米粉でパンをつくる。

1 2 3 4 5 6 7 8