すごいすと取材記

小林林産 代表小林温 さん(62) 兵庫県

ギャラリーを見る

30歳での転身

小林さんが30歳で林業に転身した理由は、母方の祖父が心血を注いだ山林経営を受け継ごうと決めたことだった。

祖父から山林を受け継いだ叔母夫婦には子どもがおらず、小林さんに養子の話が持ち上がった。その頃、大阪の会社に勤めて結婚もしていたが、林家だった祖父との幼い頃の楽しい思い出や、実家の山林を誰かに継いでもらいたいという実母の思いが、小林さんの背中を後押しした。

義理の父となった叔父は、所有する山林の管理を人に任せていた。しかし小林さんは、林業を継ぐなら自分で山に入って働きたいと考え、それを条件に養子となった。

まちで生まれ育った小林さんは、山の仕事についてはまったくの素人。そのため会社を辞めて、磨き丸太で有名な京都・北山杉の産地で2年間修行に励んだ。

「毎日、地下足袋を履いて山へ行く習慣と体力が身に付いたのは大きかった」と笑いながら当時を振り返る。

写真:ヘルメットを被りオレンジ色のジャンパーに身を包む小林さんの後ろ姿

「WE LOVE forest」の文字が入ったジャンパーを着て指導林家会主催の活動に参加する小林さん

 

1 2 3 4 5 6