すごいすと取材記

福良漁業協同組合 組合長前田若男 さん(44) 兵庫県

ギャラリーを見る

ふるさと福良の漁師として

前田さんは福良で4代続く漁師の家に生まれた。小学生の頃から父親の漁船が遊び場だったという。小学校の卒業文集には「おとなになったら漁師になる。いろんな魚をとる」と書いた。

地元の高校に進んだ頃は、卒業したらすぐに漁師の職に就くつもりだった。しかし、長兄がすでに漁師を継いでいたことや、周囲から強く進学を勧められたこともあり、前田さんは大阪の大学に進学して4年間福良を離れた。

しかし、その間も、ふるさと福良の風土と、共に育った仲間たちの中で一生の仕事と暮らしを築きたいという思いは変わらず、幼い頃からの夢を実現するため、卒業と同時に大阪からUターンした。

係留中の漁船

福良湾に係留された福良漁業協同組合加盟の漁船。正・准あわせて189名の組合員が加盟している。

1 2 3 4 5 6