すごいすと取材記

お城マニア・城郭研究家本岡勇一 さん(50) 兵庫県加古郡

ギャラリーを見る

城郭の魅力を研究し続けて20年!

 

「お城マニアと呼んでください。」
城郭研究家という紹介を、本岡さんは照れ臭そうに言い換えた。訪れてきた城郭は、兵庫県内だけで1,000カ所以上、全国では3,000カ所にものぼる。
「お城の存在を身近に感じると楽しいですよ。例えば、高速道路のサービスエリアにあるトイレって、入り口を入ってから何度も曲がって個室にたどり着くでしょう? 『枡形(ますがた*)が連続しているな、今お城に来ているんだ!』って想像の世界を楽しめるんです。」と笑う。
「こんなにもお城に惹かれるとは思ってもみませんでした。確かに子どもの頃は、旅行に行けばその場所にある天守閣に上がっていましたし、戦国時代の歴史小説を読んだり、戦国武将をモチーフにしたゲームで遊んではいましたが、取り立ててお城が好きだという意識はありませんでした。」 そんな本岡さんが「お城マニア」になったきっかけは、20年ほど前。ある城郭との出会いにさかのぼる。

*枡形(ますがた):城門近くにある石垣や塀などで囲まれた四角い空間。進路を屈曲させることで城内への侵入を防ぐ城郭防御の拠点。

 

本岡勇一さん

本岡勇一さん

 

1 2 3 4 5 6 7 8