すごいすと取材記

長田神社前商店街振興組合村上季実子 さん(64) 兵庫県

ギャラリーを見る

カード事業を通じた地域貢献

村上さんは震災後の復興事業の経験から、地域を盛り上げるには地元の商店街が盛り上がることが必要だと実感。自身の店舗経営と同時に、商店街振興組合の活動へ、より熱心に取り組むようになった。神社前にある商店街の特性で和菓子の老舗が多いことから発案された和菓子のギフトセット「長田物語」も取り扱う菓子の賞味期限の違いなど、商品化に至るまで苦労は尽きなかったが、毎週行う商店主たちによる会議でとことん話し合い、ひとつひとつ乗り越え、結束を固めてきたのだった。

毎月行われるグージー瓦版会議。情報共有をし、地域内での連携を高めている。

数々の地域活性化活動の中でも、平成25年にがんばる商店街30選(経済産業省)に選ばれるきっかけとなった事業に「タメ店カード長田」(現:萬福カード長田)がある。カタログ販売の発展形として平成13年4月1日より発足したこのカード事業は、ポイントを現金として使用できる以外に、購入金額の端数分を地域の婦人会やPTA、ほかボランティア団体に寄付できることが最大の特長。地元で買い物をすることで地域に貢献できる仕組みはかなり画期的だった。

地域を牽引していく、次世代の育成にも力を入れている。

1 2 3 4 5 6