すごいすと取材記

NOMOベースボールクラブ代表理事野茂英雄 さん(45) 兵庫県

ギャラリーを見る

豊岡から夢に向かって

過去に6人のプロ野球選手を輩出しているNOMOベースボールクラブ。豊岡での活動も2シーズン目に入った。チャンスに恵まれない若者たちに活躍の場を提供し、いつかはプロ野球の第一線で活躍してほしいという野茂さんのチーム創設以来の強い思いは、本拠地が移転しても変わらない。

「はじめは皆、よそ者だったと思います。地元の皆さんとは、お互いに遠慮もありましたし。でも、1年も経たない内に皆さんが僕たちを快く受け入れ、応援してくれていると感じるようになりました。今は、豊岡の為に何かできるのではないかと思っています」

野茂さんからの厚い信頼を受け、現場を託されているのが清水信英監督だ。かつて野茂さんが所属していた社会人野球チーム新日本製鉄堺時代の先輩にあたる清水監督は、高校時代に甲子園出場を経験しており、選手からの信頼も厚い。野茂さんと清水監督、それに2人のコーチを加えた4人で選手の指導が行われている。

ベンチ前でのミーティング

ミーティングで円陣を組む選手たち。

1 2 3 4 5 6