すごいすと取材記

NOMOベースボールクラブ代表理事野茂英雄 さん(45) 兵庫県

ギャラリーを見る

豊岡から未来のNOMOを

一方で、NOMOベースボールクラブも、主に野球を通じて青少年の健全育成をはかろうと、地域での様々な活動に取り組んでいる。

昨年度は豊岡市の主催で5回にわたって少年野球教室が開催され、野茂さんを始め、清水監督、コーチ、選手が参加して指導に当たった。また、野球少年たちがリーグの枠をこえて親睦や交流を深めるための少年野球大会「NOMO CUP」を開催。クラブの本拠地が豊岡に移転した後の第11回大会は、県立但馬ドームで開催されている。さらに、今年1月には、神戸地区で少年野球大会を主催する西武ライオンズの現役選手 栗山巧さんと手を組み、但馬と神戸の選抜チームが戦う南北交流戦「第1回NOMO栗山オールスターゲーム」も開催した。

野茂さんの指導を受けた野球少年の中から、未来のNOMOが生まれるかもしれない。

球場で少年を指導する選手たち

少年野球教室で地元の野球少年を熱心に指導する選手たち

1 2 3 4 5 6