すごいすと取材記

NOMOベースボールクラブ代表理事野茂英雄 さん(45) 兵庫県

ギャラリーを見る

野球でまちに活気を

野茂さんの心にあるのは、「野球を通じて町に活気を」という思い。

「せっかく来たのだから、豊岡を、いつか少年野球や社会人野球のメッカにしたい」

野球を通じて人が集まれば、まちが活気づく。大きな夢に向かって、野茂さんの挑戦は続く。

野球を通じて町に活気を

野茂 英雄さんプロフィール

昭和43年(1968) 大阪府生まれ。大阪府立成城工業高等学校卒業後、社会人野球チーム新日本製鐵堺硬式野球部へ入団。昭和63年(1988)ソウルオリンピックに出場し、銀メダルを獲得。

平成元年(1989)プロ野球ドラフト会議で8球団から1位指名を受け、近鉄バッファローズに入団。1年目から18勝を挙げ、MVP、新人王などの各賞を受賞。平成7年(1995)近鉄を退団し、米メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースに入団。メジャーリーグ在籍中の平成8年(1996)と平成13年(2001)年の2回、ノーヒット・ノーランを達成。平成20年(2008)現役を引退。日米通算成績は201勝155敗1セーブ。平成26年(2014)1月、史上最年少で野球殿堂入りを果たした。

平成15年(2003)若者に野球を続けられる場を提供するため、社会人野球チーム「NOMOベースボールクラブ」を設立、代表理事に就任する。

※NPO法人NOMOベースボールクラブの活動は、会員の皆様の会費に支えられています。

 

(公開日:H26.6.1)

1 2 3 4 5 6