すごいすと取材記

特定非営利活動法人 神戸まちづくり研究所野崎隆一 さん(76) 兵庫県神戸市

ギャラリーを見る

一級建築士の震災ボランティア

 

平成7年1月17日午前5時46分。神戸市東灘区の自宅マンションで、野崎さんは激甚な揺れに襲われた。幸いマンションは一部損壊で済んだものの、昨日までの穏やかな街はもうそこにはなかった。その後数日間、知人たちの安否確認に野崎さんは神戸の街を自転車で走り回った。
「被災の状況がわかるにつれ何かしなきゃいけないと思い、東灘区役所へボランティア登録に行きました。一級建築士だと伝えると、その場で書類を10枚くらい手渡され、建物診断を頼まれたんです。」
「ジャッキで上げれば大丈夫。」「歪みを戻して補強すれば住めますよ。」相談に答えるたび、行く先々で喜びの声を受け取った。
「見ていただいてありがとう、アドバイスをありがとうって、あちこちで言われるうちにすっかり嬉しくなって、週末のボランティア活動に夢中になっていきました。」
学生時代は建築を専攻し、卒業後は東京のデベロッパー(*)に就職。
「自分たちが企画したまちに、団地を建設して販売する仕事でした。住む人の顔が見えるまちづくりがしたいという想いは、その頃から頭の隅にありました。」
10年後、家業である建材の輸入商社に呼び戻されUターン。しかし設計の仕事への愛着は消えず、テニスや仲間との付き合いでその想いを発散する日々が続く中で起こった震災だった。震災から1カ月が過ぎた頃、野崎さんのもとへある依頼が舞い込んだ。

 

*デベロッパー:取得した用地に、マンションや商業施設などを企画・開発し事業化する土地開発事業者

 

平成11年の「1月17日」の前夜に、兵庫区の喫茶店を借り切り、復興課題をテーマにロールプレイを交えて徹夜の議論を行った。

平成11年の「1月17日」の前夜に、兵庫区の喫茶店を借り切り、復興課題をテーマにロールプレイを交えて徹夜の議論を行った。

 

出向いた先で震災を語る「語り部キャラバン」として、平成8年に東京向島のまちづくりグループに招聘され、阪神淡路大震災の経験を伝える活動を支援した。

出向いた先で震災を語る「語り部キャラバン」として、平成8年に東京向島のまちづくりグループに招聘され、阪神淡路大震災の経験を伝える活動を支援した。

 

1 2 3 4 5 6 7