すごいすと取材記

都賀川を守ろう会岡本博文 さん(86) 兵庫県

ギャラリーを見る

次世代に残そう美しい都賀川を

平成14年から24年までの10年間は副会長、平成24年から現在までは会長として関わる守ろう会のみならず、平成7年から現在まで大石北町自治会会長として20年以上、さらに「あすの兵庫を創る生活運動協議会」の理事など数々の地域活動に携わる岡本さん。ひと声かければ、住民、行政、さらに地元企業が会を支えてくれるまでに。「こんな素晴らしい活動が何十年も継続できるのは、自然のため、地域のためと皆が心ひとつにして動いてくれるから。自分ひとりでは決して、成し遂げることはできなかった」というが、メンバーの新井さんは「ボランティア精神の原点だと思える人。その人柄を慕って、会員2000人がついてくるのだと思います」と敬意を表する。事実、“ボランティアは自分の喜びのためにやるもの”という持論で、毎年、近所の幼稚園にサンタクロースとして訪問し、配るプレゼントはすべて自己負担。

“自分ができることなら”と、頼まれた地域の課題をひとつひとつ解決していくうちに、地域住民にとってなくてはならない存在となった岡本さん。今は、来年40周年を迎える「都賀川を守ろう会」を、今後も住民主体の活動として次世代へバトンをつなげ、子どもたちの笑い声が絶えず聞こえる美しい都賀川を引き継いでいくため、先陣を切って走り続ける。

(公開日:H28.5.25)

1 2 3 4 5 6