すごいすと取材記

西宮流(にしのみやスタイル)岡本順子 さん(69) 兵庫県西宮市

ギャラリーを見る

人が見えるサイト、それが西宮流

 

一般的にウェブメディアは、発信者の存在を感じにくいもの。しかし、岡本さんはそんなウェブメディアでありながら、自分の足で市内を回り、リアルな出会いを重視した丁寧な取材にこだわってきた。そんな人が見えるサイトづくりは、西宮流に新たな展開をもたらした。
「人と人が接すると、必ず情報のやり取りが生まれます。情報が結び付いて化学変化が起こったり、新たな話題や取り組みが生まれたりします。それが西宮流の役割になってきたと感じています。そんなことができるのも、取材を通して得た人・モノ・コトがすべて集約され、西宮流そのものになっているからです。」
今、西宮流には情報発信だけにとどまらず、様々な依頼が舞い込むようになった。

 

取材中の岡本さん、リアルな出会いを重視した丁寧な取材にこだわってきた。

取材中の岡本さん、リアルな出会いを重視した丁寧な取材にこだわってきた。

 

様々な人との出会いが活動の原動力。

様々な人との出会いが活動の原動力。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10