すごいすと取材記

KOJI OKAMOTO DESIGN OFFICE代表・デザイナー岡本剛二 さん(37) 兵庫県

ギャラリーを見る

一歩を踏み出す

実は、入社試験に落ちていたという岡本さん。その時、本社の社長に会いに行った。「他の人に負けたと思わなかったので、落ちた理由を知って、納得したかった」

希望するデザイナーの枠が空いていないと言われたが、どうしてもその会社で働きたいと熱意を伝えた。再試験を受けさせてもらい、パタンナーのアシスタントとして採用を勝ち取る。すると入社時にアシスタントデザイナーの枠に空きがでたため、結果としては希望していたデザイナーとして社会人のスタートを切ることができた。思ったことは口に出さないと伝わらないということが身に染みた。一歩踏み出して頑張る人は伸びる。諦めないことが大切だということを、機会がある毎に後輩たちにも伝えている。

岡本さんは、これからも“一歩を踏み出し”、ふるさとを「帰ってきたい場所」にするため、移住者の住みやすい環境を作り、地域の魅了を発信しながら、まちをデザインしていく。

一歩を踏み出す

(公開日:H27.10.25)

1 2 3 4 5