すごいすと取材記

テキスタイルデザイナー小野圭耶 さん(35) 兵庫県西脇市

ギャラリーを見る

受注生産の地に、自社アパレルブランドが生まれた!

 

専門学校を卒業後、播州織の製造卸商社に就職した小野さんだったが、入社当初は戸惑うことの連続だったという。当時の産地はほとんどが下請けによる生地製造。入社した商社では、取引先からの指示に合わせて柄を織ることが通常業務だったため、小野さんが取り組もうとした自社企画によるオリジナルテキスタイルの提案は、未開拓の事業分野だった。
「当初は大変だった思い出だらけ。」と笑う小野さん。
「パソコンに向かって織柄を考えていたら『ずっと遊んでいる』って言われ、周りとよく衝突していました。一番戸惑ったのは、私がデザインした生地に対して『まぁまぁやな』としか言ってくれない上司の言葉。『まぁまぁやな』が『評価している』っていう意味なんだと理解できるまで、時間がかかりました。」
新分野への取り組みから数年後、小野さんは播州織の製造卸商社として産地で初となる、アパレルブランドの立ち上げに携わった。
「生地の提案を行うプレゼンテーションでは、生地だけでは仕上がった製品のイメージが湧きにくいので、製品サンプルを用意していました。これを自社ブランドとして立ち上げようという社長の提案でスタートしました。社内では『売れるわけがない』と反対されましたが、そのブランドを立ち上げてから、他の商社や製織工場でも少しずつ取り組みが始まり、オリジナルのアパレルブランドをつくる空気感のようなものが産地に生まれた気がします。」
さらに、同世代の職人やデザイナーたちと共にものづくりを学ぶ「播州織熱血塾」を主宰。講師を招いてブランディングの講義を受けたり他産地の視察に出かけるなど、次世代のコミュニティづくりのきっかけを生み出した。年数を追うごとに行政とのつながりも生まれ、現在市が事業として取り組む若手デザイナー向けの研修会にも一緒に参加している。
その後も、転職先のテキスタイルメーカーでオリジナル生地の企画室の立ち上げに関わるなど、常に新たな取り組みに携わり続けてきた小野さん。小野さんのつくる生地に対して取引先からの評価が高まるにつれ、オリジナル生地をつくる新規事業も、また小野さん自身も、社内全員に受け入れられるようになっていったという。
こうして、産地の中に自分の居場所をつくっていった小野さん。しかし、それは「決して自分だけの力によるものではない」と言葉に力を込める。

 

色サンプルを見ながら、デザインを考える小野さん。

色サンプルを見ながら、デザインを考える小野さん。

 

透け感を楽しめる、オリジナルテキスタイル。

透け感を楽しめる、オリジナルテキスタイル。

 

1 2 3 4 5 6 7

もっと詳しくふるさと情報

県の支援メニュー等