すごいすと取材記

合唱指導者鈴木史朗 さん(85) 兵庫県

ギャラリーを見る

せきを切った音楽への思い

 少年時代は戦争によって暗転した。「13~15歳頃は死ぬことを覚悟した」という鈴木さんは思い出すのも辛いと声を落とす。学徒動員で姫路の工場にいる時に空襲があった。絶望する家族のもとへ、焼夷弾が降り注ぐ焼け野原を歩き、口々に唱える念仏を耳にしながら、鈴木さんは生還した。

 終戦直後、抑えられていた思いが音楽に向けられた。友人5、6人で軽音楽バンドをつくり、鈴木さんはアコーディオンを借りて我流で弾き、ブリキ缶のラッパやギターと合わせた。ただただ音を楽しんだ。「アメリカの雑誌か何かに『早くも焼け跡から平和の音楽が』というような記事で、姫路城の大手門をバックに戦闘帽にゲートルをまいた私たちの写真が載ったんです」と鈴木さん。人々の目には平和の象徴のように映っていた。

高校の音楽室でピアノの練習をする鈴木さん。まだ校歌のなかった新制高校で「全校生が一緒に歌える曲を」と依頼され宣揚歌を独学で作曲した。

高校の音楽室でピアノの練習をする鈴木さん。
まだ校歌のなかった新制高校で「全校生が一緒に歌える曲を」と依頼され宣揚歌を独学で作曲した。

 その後鈴木さんは病に伏して、新制高校に切り替わったばかりの市立姫路高等学校に1年遅れて入ることになる。年下の同級生を率いて音楽部の合唱班と吹奏楽班を創部し、初代部長となった。姫路市公会堂(現市民会館)で指揮者デビューも果たし、初めての作曲をしたのもこのころだ。

 高校卒業後は武蔵野音大を受けようとこっそり上京したが、親に見つかり連れ戻された。鈴木さんが「おやじは、男が歌ったりアコーディオンを弾くのを快く思わなかった」という。それは終戦直後の工業都市の風潮でもあった。音楽とは程遠い姫路工大に進んだ後は、反発心も手伝って、グリークラブを発足するなどますます音楽に熱をそそいだ。

 SL関連の工場に就職を決めたが、男性の音楽教師を探していた兵庫県の指導主事から声がかかる。しかし、再び父に猛反対された。説得し続けて1カ月たったころ、部屋にピアノが置いてあった。抽選でないと買えない時代だ。

 鈴木さんの目に涙があふれ、「やったる」と心に火がついた。後の生涯、行くところ行くところで合唱団・部の創部や創設に砕身することになる、鈴木さんを支えた出来事だった。

1 2 3 4 5 6