すごいすと取材記

株式会社ICB瀧井智美 さん(45) 兵庫県神戸市

ギャラリーを見る

仕事に就けない! 採用面接さえ断られた日々

 

「実は再就職できるまで、本当に苦労したんです」 平成10年、営業事務として勤務していた職場を出産のため退職。その2年後、瀧井さんは再就職を目指し就職活動を開始した。しかし、どこに応募しても面接さえ受けさせてもらえなかった。子どもと一緒にハローワークへ行くと「子どもを連れて面接に行くのか」と言われ、保育所への入所を相談に行けば、共働き家庭の待機児童がたくさんいるのに無職では絶望的な状況だとわかり途方に暮れた。 「最後は近所の定食屋さんに、パートタイマーでいいから働かせてほしいと頼みに行くと『あなたは若いんだから、ちゃんと再就職しなさい』と言われました」 こうした日々を半年ほど過ごした後、やみくもに活動をしてもだめだと感じた瀧井さんは、職業訓練校で一時保育が用意されたパソコン教室に通い始めた。 「その教室で講師の方から『あなたはパソコンのインストラクターに向いている』と言われたんです。必要なのは資格じゃない、話しかけやすさだって」 平成12年、こうして瀧井さんはパソコンのインストラクターとして、ようやく再出発を果たすことになった。

 

瀧井智美さん

瀧井智美さん

 

1 2 3 4 5 6 7 8