すごいすと取材記

子育て支援グループ キララ山本梨香 さん(51) 兵庫県

ギャラリーを見る

「キララ」の活動は、どこまでも自然体。参加者を紹介し合ってつないだり、子どもたちを無理に泣きやませることはしない。スタッフの目配り・心配りで、みんないつのまにか仲良くなり、いつのまにか笑顔になっている。
「私たちの役割は、気づいてあげることだと思っています。お子さんの遊ぶ様子で、日頃お母さんとどんな関わり方をしているかがわかるので、さりげなくアドバイスすることも。託児の現場では、お母さんがなぜいないのかを話して聞かせます。小さな子どもだってちゃんと理解できるんですよ。2時間後には、みんな笑っています。私たちは託児のプロですから」

子どもを通じて、お母さんたちも打ち解けられる

今、山本さんは、お嫁さんと9ヶ月になるお孫さんと暮らしている。息子さんは東京で単身赴任中。
「一人で子どもを育てている彼女を見ていると、お母さんたちはみんな疲れているんだとわかります。お母さんが笑うと子どもも笑うんです。そうしたら、一緒にいる周りの人も笑っています。笑って子育てをしてほしい」
キララとは、キラキラした笑顔で子育てをしてくださいというメッセージが込められた名前。「この大切さを伝えたい」と山本さんは話す。

1 2 3 4 5 6