未来のすごいすと

南あわじ市市吊り玉祭実行委員会兵庫県南あわじ市

淡路島の誰かの笑顔のために、活動は続く

令和2年6月に予定されていた「第2回吊り玉祭」はコロナ禍により中止。1回目の終了後、「来年は娘と出るねん!」と言った農家の男性に中止の連絡をするのが辛かった。祭りに代わり、地域のためにできることを模索した。

 

吊り玉祭に代え、公園に行くことさえも制限された子どもたちのために絵本作りを企画。玉ねぎ嫌いな少女が、農家のおじさんと一緒に玉ねぎを育てる中で大切なことを学んでいくというストーリー。児童館や小学校などに寄付する予定だ。
[写真は井川さんが描いた絵の一枚]

 

絵本の完成後は、読み聞かせ動画を作成予定。メンバー全員で朗読大会を開催し、朗読王を決定する。子どもたちを楽しませるためにも、自分たちが楽しむことを忘れない。

 

実行委員会の活動テーマは「淡路島の誰かの笑顔のために」。みんなで一緒に頭をひねり、失敗もしながら、あらゆる事業に取り組み続けてゆく。

 

1 2 3 4 5