斑鳩ふるさとまちづくり協議会
太子町斑鳩

斑鳩地区の特徴

太子町の西北端に位置する斑鳩地区。7世紀に播磨の国鵤(いかるが)の荘となり、推古天皇時代、聖徳太子に贈られた播磨の国の水田は「法隆寺領播磨国鵤荘」へと発展、政所とともに斑鳩寺が建立された。斑鳩寺を中心とした門前町として栄え、江戸時代には龍野街道付近や西国街道に沿って本陣が置かれたことから、宿場町として発展した地である。

もともと盛んであった農業に加え、近年は工場の進出や、太子町役場・文化会館が立地したことにより宅地開発が進み、新住民の方も多く住まう地区となっている。 太子町の中心地区として発展していく中で、伝統ある斑鳩寺を中心とした町並みが失われつつあり、さらに斑鳩寺で古くから行われていた行事への参拝者・参加者が減りつつあることを憂い、歴史的景観を活かした地域づくりに取り組んでいる団体がある。

斑鳩ふるさとまちづくり協議会

平成20年に発足した斑鳩ふるさとまちづくり協議会(以下、協議会)は、斑鳩地区にある11の自治会長や、自治会長OBにより運営がなされており、現在メンバーは44名。『斑鳩の文化・歴史的景観を生かしながら、住んで良かったと思える、明るく住み良い・安全安心な町になる取組み』 をテーマに「総務部」「ふれあい部」「イベント部」「まちづくり部」の4部体制で、それぞれ部長や理事が中心となってさまざまな活動に取り組んでいる。

設立当初、真っ先に協議会が取り組んだのは、斑鳩地区の『景観形成地区』指定に向けた活動だった。地域の歴史的施設は残るものの建替えが進み、門前町の風情を漂わす町屋の旧家がどんどん減って変貌し、古き良き町並みがなくなっていくことを危惧した協議会は、景観ガイドラインの創設に取り組んだ。 各自治会からは厳しすぎるガイドラインに反対の声も多く、すんなりと了解を得ることは出来なかった。

景観形成について検討中の会議の様子。わが町の今後のあり方について熱心な議論が続いた。
景観形成について検討中の会議の様子。わが町の今後のあり方について熱心な議論が続いた。


何度も検討を重ね、現在の建物を建替える際に建物の形態と、色彩に配慮するといった緩やかな基準を適用することで景観の修景を進めるという着地点を見出し、平成25年には念願の指定を受けた。「まちづくり部」では現在も斑鳩寺参道への案内図を含めた道標の設置や、花回廊の整備などに取り組んでいる。

景観形成の基準である和風な建物を取り入れた住居。

現在15カ所に設置している道標。上部には点字表記も加えた、現在地の案内図が載っている。
現在15カ所に設置している道標。上部には点字表記も加えた、現在地の案内図が載っている。

斑鳩寺の門前スペースも協議会で整備。季節ごとに様々な植栽を行っている。
斑鳩寺の門前スペースも協議会で整備。季節ごとに様々な植栽を行っている。

1 2 3 4 5