ええまち比也野里(ひやのさと)
西脇市比延

『ええまち比也野里』

平成26年に、「まちづくり協議会(シニア世代中心)」と「まちづくり委員会(ミドル世代中心)」が、ひとつとなり結成された。現在総勢100名を超えるメンバーが、『こみせん比也野』を拠点に、様々な活動に取り組んでいる。

毎年4月には、地元の名産品「高嶋町のタケノコ」の収穫祭を開催し、美味しい天麩羅やタケノコご飯などを振る舞う。アクがほと んどなく、やわらかいと評判で、「今まで私が食べていたのは筍じゃなくて、竹だったの!?」と舌鼓を打つ方も多い。

タケノコ収穫・比也野まつり
タケノコ収穫・比也野まつり

毎月、月初に全戸 配布される『ええまち比也野里だより』。
裏面に、前月の初めにミーティングで決められた、 1 ヵ月分のメニューが掲載されている。
人気メニューを狙うリピーターもどんどんと増えてきた。
食べたいメニューが売り切れる前にあなたも『へそ・で・ちゃ』へ。
毎月、月初に全戸 配布される『ええまち比也野里だより』。 裏面に、前月の初めにミーティングで決められた、 1 ヵ月分のメニューが掲載されている。 人気メニューを狙うリピーターもどんどんと増えてきた。 食べたいメニューが売り切れる前にあなたも『へそ・で・ちゃ』へ。


また、11月には、住民が楽しみにしている『比也野まつり』を開催。30年度は10回目の節目の年で、メンバーが一丸となって取り組み、大盛況となった。

『へそ・で・ちゃ』

こみせん比也野では、比延のお母さん方のご飯を味わうことのできる『へそ・で・ちゃ』も営業している。営業時間は、火曜日~土曜日の10時~15時30分で、日替りの手作り総菜や、採れたて野菜などが販売されている。飲食スペースもあり、総菜をその場でいただくこともできる。

飲食スペース昼時には、地域の方々が集う。
飲食スペース昼時には、地域の方々が集う。

販売コーナー総菜、とれたて野菜、日用品など豊富な品揃え。
販売コーナー総菜、とれたて野菜、日用品など豊富な品揃え。


野菜はもちろん米まで比延地区で採れたものを使用しており、まさしく地産地消。『お袋の味』という言葉がぴったりといえる優しい味。ボリューム満点、栄養も満点だ。

取材当日のメニューは、おでん、ポテトサラダ、鮭とひじきのちらし寿司。おでんは、出汁がしみて最高!ちらし寿司も鮭のアクセントが絶妙で箸が止まらなかった。
取材当日のメニューは、おでん、ポテトサラダ、鮭とひじきのちらし寿司。おでんは、出汁がしみて最高!ちらし寿司も鮭のアクセントが絶妙で箸が止まらなかった。

毎月、月初に全戸配布される『ええまち比也野里だより』。裏面に、前月の初めにミーティングで決められた、1ヵ月分のメニューが掲載されている。人気メニューを狙うリピーターもどんどんと増えてきた。食べたいメニューが売り切れる前にあなたも『へそ・で・ちゃ』へ。

『お母さん』のおひとり吉岡さん
『お母さん』のおひとり吉岡さん

1 2 3 4