高平郷(たかひらさと)づくり協議会
三田市高平地区

List_p

「つながる」から「つむぐ」へ!
みんなの「コミュニティたかひら」で
郷づくり

集会

 

「つながる」から「つむぐ」へ!
みんなの「コミュニティたかひら」で郷づくり

三田市街地から北東へ、車を走らせること約20分。喧騒に包まれる街中を抜けると、車窓からの景色は緑が主役の静かな眺望へと移り変わっていく。

ふるさと兵庫50山のひとつ羽束山(はつかさん)の裾野から、北へ広がるのどかな高平地区。中央を南北に流れるのは羽束川(はつかがわ)の清流だ。川の流れに寄り添う田畑と、村々を包み込む山が、訪れる人を優しく迎え入れる。

そんな変わらない原風景とは対照的に、高平地区の14地域では、年々減り続ける人口と、上昇を続ける高齢化率という大きな課題を抱え続けてきた。
平成17年から平成30年までの13年間に人口はおよそ1,000人が減少し3,139人、高齢化率は15%増加し38.4%に。

大切な故郷を、地域の住民にも、移住して来る人たちにも愛される郷(さと)として、みんなで守り育てたい。
そんな願いのもと、平成27年6月「高平郷づくり協議会」が活動を開始。高平地区の活性化に向けた取り組みが続いている。

*高平郷づくり協議会:平成25年12月、地域の力を結集し「元気な高平の郷づくり」を目指すため、高平地区区長会により「高平地区まちづくり協議会検討準備委員会」の設置を決定。計12回の準備委員会を経て、平成27年6月27日「高平郷づくり協議会」を設立。
6つの事業部会「環境美化部会」「地域産業部会」「健康福祉部会」「生活安全部会」「交流・生涯学習部会」「さとカフェ部会」と広報委員会が中心となり、区長会、長寿会、民生委員・児童委員、PTA、その他地域で活動する団体と共に、様々な郷づくり活動に取り組んでいる。

1 2 3 4 5