江川地域づくり協議会
佐用町江川地区

List_p

11の村は一つの家族!
自然・歴史・心のふれあいを活動資源に、
住み続けたい地域をつくる

 

11の村は一つの家族!
自然・歴史・心のふれあいを活動資源に、
住み続けたい地域をつくる

桜の薄紅色をアクセントにまとった里の春が過ぎ、無数のホタルが川を照らす頃、田んぼに並んだ若々しい緑の早苗が村を包む。ひまわりの群れに波打つ黄色から黄金色に大地が変われば、稲穂の刈り取りシーズンだ。

豊かな季節の色にあふれる江川の里は佐用町の西端、連なる谷間に静かな時間が流れる地域。里を見晴らす大撫山(おおなでさん・436m)には、「星ふるまち」佐用町を代表する施設・県立西はりま天文台がたたずみ、地域の象徴的な存在として集落を見守っている。

豊かな自然と並ぶ地域資源として、大切に守られてきたのは地域に伝わる歴史文化。陰陽師「安倍晴明(あべのせいめい)」と「芦屋道満(あしやどうまん)」の塚をはじめ、播磨の国風土記に登場する史跡も数多い。

そんな江川地域の一番の課題は少子高齢化だ。平成26年3月には地域の保育園が閉園し、小学校も閉校に。11の集落に暮らす408世帯989人の高齢化率は、平成22年からの9年間におよそ9.4%上昇し46.9%にまで達した(平成31年3月末)。地域のみんなで肩を寄せ合い、手を携えながら集落を守ろう。「江川に住んでよかった」と誰もが誇れる地域をつくろう。そんな願いと共に誕生した「江川地域づくり協議会(以下、協議会)」の取り組みは、今年14年目を迎える。

*江川地域づくり協議会:合併による新佐用町誕生に伴い、平成18年4月、「江川地域づくり協議会」が発足した。子どもから高齢者まで、一人ひとりが個性を活かし助け合う「協働のまちづくり」を基本姿勢に、11集落の自治会長たちが中心となり「健康福祉部会」「まちづくり文化部会」「交流広場部会」「地域交通部会」の4部会を設置。自分たちの地域を自分たちで守り育てる自治組織を目指し、「安全で安心」「明るく住みよい」里づくりに取り組んでいる。

1 2 3 4 5