はりまのちっちゃな台所 サポート委員会
加西市

List_p

「地域の元気は、私たちがつくる!」
高校生たちの挑戦を市民がサポート。
まちも子どもも、未来の希望に育みたい!

 

「地域の元気は、私たちがつくる!」
高校生たちの挑戦を市民がサポート。
まちも子どもも、未来の希望に育みたい!

兵庫県加西市の中部に位置する北条町で現在、食と農を活かした取組を通じ若者が活躍できる場の提供や、かつての活気を取り戻すべく北条旧市街地の賑わいづくりが進んでいる。
県下で唯一、文部科学省により農業経営者育成高等学校に指定されている兵庫県立播磨農業高等学校(以下、播磨農高)。「播農(ばんのう)」の愛称で市民に親しまれ、地域貢献活動にも力を入れている。

そんな播農生たちが自分たちの手で加西市の課題を解決しようと、地域活性化の拠点となるレストランのオープンを目指すプロジェクトが、平成28年にスタートした。

「はりまのちっちゃな台所サポート委員会(以下、委員会)」は、そんな高校生たちの想いを形にしようと集まった有志たちの市民団体。3年間の支援期間を経て、令和元年6月レストランがオープン。4年目を迎えた委員会のサポート活動は、第二章へと向かっている。

【はりまのちっちゃな台所サポート委員会】:播磨農高の生徒たちが、加西市でレストラン「はりまのちっちゃな台所」のオープンを目指す企画を実現させるため、平成28年4月1日に結成。
高校生たちの教育と、空き家・空き店舗が目立ち始めた北条旧市街地の地域課題解決を目指すプロジェクトとしてスタート。地方創生推進交付金(*)などを活用し、高校・地域住民・加西市が一体となって取組を続けた結果、令和元年6月27日、北条旧市街地にあった空き店舗のリノベーションによりオープンを果たした。
開業後の現在も、高校生たちに新たなチャレンジの場を提供している。

*各地域において、雇用創出や移住・定住促進、地域資源活用など、まちの活性化を実現するため  の地方創生事業を支援する国からの交付金

1 2 3 4 5