真野地区まちづくり推進会
神戸市長田区

List_p

ひと・まち・企業がひとつになって育んだ
「信頼」という名の地域防災力。
自分たちのまちは、自分たちで守る!

 

ひと・まち・企業がひとつになって育んだ
「信頼」という名の地域防災力。
自分たちのまちは、自分たちで守る!

神戸市長田区の南東部。まっすぐ伸びる路地には、新しい集合住宅や昔ながらの長屋、町工場、商店がひしめき合い、下町の営みが広がっている。

住民による公害反対運動からまちづくりがスタートして50 年。2,263 世帯3,749 人(令和元年12 月現在)が暮らすここ真野地区は、先駆的なまちづくり地区として全国に知られている。
平成7年に起こった阪神・淡路大震災では、長きにわたり育み続けたコミュニティの力で復興を力強く成し遂げた。その中心的役割を果たしてきたのが、「真野地区まちづくり推進会(代表 馬場廣志、以下「推進会」)」だ。
発足以来40 年余り、自治会・企業・行政との協働による真野のまちづくりの根幹を担い続けている。

【真野地区まちづくり推進会】:昭和55 年、住民主体・行政支援に基づくまちづくり活動のための組織として発足。
2年後、神戸市との「まちづくり協定(*)」締結により、主に建物や道路などハード面に関わる再開発を中心に、まちづくり活動の基盤を担ってきた。
様々なイベントの企画・運営を通して地域福祉の向上をめざす「真野ふれあいのまちづくり協議会(以下「ふれまち」)」、地域の防災活動を通じて共助の精神を育み、緊急時に活動できる組織づくりを目指す「真野防災福祉コミュニティ(以下「防コミ」)」と並ぶ真野地区まちづくり活動の柱の一つとして、16 の自治会ならびに老人会やPTA といった地区内の諸団体と連携を図りながら「人口の定着」「住宅と工場の共存・共栄」「うるおいのある住環境」の実現に取り組んでいる。

*まちづくり協定:道路や公園などの整備に加え、市民・事業者・行政による「協働のまちづくり」を進めるため、「神戸市地区計画及びまちづくり協定等に関する条例(まちづくり条例)」(昭和56年制定、平成元年改正)に基づき、市長とまちの間で結ぶ協定。真野は協定を締結した第1号地区にあたる。

1 2 3 4 5