NPO 法人上山高原エコミュージアム
新温泉町奥八田地区

List_p

地域をイヌワシが舞う「生きた博物館」に!
大自然「上山高原」という資源を生かし
元気が生まれるふるさとをつくる!

 

地域をイヌワシが舞う「生きた博物館」に!
大自然「上山高原」という資源を生かし
元気が生まれるふるさとをつくる!

兵庫県北西部、鳥取県との県境に位置する新温泉町。その南西部に広がる上山高原の山麓 部に、静かにたたずむ7つの集落がある。
奥八田地区と呼ばれるこの地域は、少子高齢化 と共に過疎化が進み、65 才以上の高齢化率は約53.6%、10 年前には678 人いた住人も現在 はおよそ6割の429 人にまで減少している(いずれも令和2年4月現在、上山高原エコミュー ジアム資料より)。
小・中学校も次々に統廃合となり、集落単位でのコミュニティを維持することが徐々に困難となる中、住民共有の財産である上山高原の大自然を地域資源として、新たなコミュニティづくりがスタート。
地域住民をはじめ、自治体や様々な人、団体が力を合わせ、 自然保護・再生活動を通じた地域の活性化に取り組んでいる。

■NPO法人上山高原エコミュージアム:平成12年、昭和40年代から始まった上山高原リゾート開発計画(*)の見直しがスタート。 平成16年7月、奥八田地域をまるごと生きた博物館に見立て、自然保護・再生活動を通じて地域おこしに取り組む、NPO法人上山高原エコミュージアムを設立。
ススキ草原やブナ林など自然再生活動に取り組む「保全部会」、自然体験プログラムを実施する「プログラム部会」、地域資源の情報を収集する「サテライト部会」、広報活動に取り組む「PR部会」、さらに「調査研究部会」という5つの部会が中心となり、一人ひとりの住民が楽しく元気に暮らせる地域づくりに励んでいる。

*上山高原リゾート開発計画:奥八田地区の地域振興を目指し、上山高原一帯を観光地として開発しようとした取組

1 2 3 4 5