NPO法人あぼしまちコミュニケーション
姫路市網干区

List_p

姫路市網干区で自治会が母体となって
NPO法人を立ち上げ、地域自治に挑む!
合言葉は「網干はひとつ!」

 

姫路市網干区で自治会が母体となって
NPO法人を立ち上げ、地域自治に挑む!
合言葉は「網干はひとつ!」

歴史や伝統が色濃く残る町並みや、多くの神社仏閣がたたずむ、歴史遺産も豊富なまち姫路市網干区。
姫路市のごみ処理施設が地域内に移転されるのをきっかけに、住民が団結し地域の活性化を目指した活動が始まった。
自治会が母体となってNPO法人あぼしまちコミュニケーションを立ち上げ、「あぼしまち交流館」を拠点に、地域住民・市・県との協働により様々なまちづくり事業を実施するなど、地域自治に取り組み続けている。

【NPO法人あぼしまちコミュニケーション】 平成20年12月、網干地域の6自治会が母体となって設立されたNPO法人。住民の活動拠点として建設されたあぼしまち交流館や、網干区網干浜に整備されたごみ処理施設「エコパークあぼし(*)」内の姫路市立網干環境楽習センター、姫路市立網干市民センターを運営している。自治会母体ならではのネットワークを活かし、自治会と市・県とのコーディネーターとして地域活性化に取り組んでいる。

*エコパークあぼし:市民の快適で衛生的な生活環境を維持するため、老朽化した旧美化センターに替わり新たに整備された施設。ごみ焼却施設のほか、資源ごみの再資源化施設や、ごみ・環境問題を楽しく学び体験できる環境楽習センター、ごみ処理の過程で生じる余熱を利用した温水プールなどを備えた健康増進センター、さらに芝生広場や遊歩道など市民の憩いの場が整備されている。

1 2 3 4 5