丹波ハピネスマーケット実行委員会
丹波市

丹波ハピネスマーケット実行委員会

毎月第2土曜は、丹波ハピネスマーケットの日!
こだわりの食と雑貨の店舗を集め、
起業の夢への挑戦と、地域づくりをサポート。

 

毎月第2土曜は、丹波ハピネスマーケットの日!
こだわりの食と雑貨の店舗を集め、
起業の夢への挑戦と、地域づくりをサポート。

豊かな里山と自然の恵みにあふれる多自然地域・丹波市の城下町に、毎月一度、市内をはじめ近隣から、女性や家族連れが多く集まるマーケットが現れる。年々シャッターを下ろす店舗が増えていく商店街を、何とか活気づけたいと、地元の若手経営者とPR会社とが手を取り合って開き続ける定期市だ。
丹波に暮らす人たちや、丹波からちょっと離れた都会に暮らす人たちに「丹波市っていいね」と思ってもらいたい。丹波の地で新たな暮らしを始める移住者や、チャレンジに取り組みたい人が、活躍するための土台をつくるきっかけを提供したい。
そのための仕組みをつくりだし、店を出す人も訪れる人も共に幸せな時間を過ごせる場所として注目を集めている。

【丹波ハピネスマーケット実行委員会】
平成24年9月より毎月第2土曜日に、丹波市柏原町にある柏原八幡宮周辺で開催。
「丹波ハピネスマーケット(以下、ハピネス)」と名付けられた定期市では、丹波の農産物などを活かした手づくりの食や、語り始めたら止まらないものづくり人が手掛ける雑貨を中心に出店されている。毎月2千人を超える来場者はリピーターが多く、その半数以上が市外からの訪問者という人気ぶり。 若い起業家たちのチャレンジの場ともなっている。
令和元年度、地域資源を新たな工夫で活用し、観光・交流を促進する事業・イベントに贈られる兵庫県丹波県民局「丹波すぐれもの大賞」ときめき部門を受賞した。

1 2 3 4 5