NPO 法人More 繁盛
宍粟市一宮町繁盛地区

List_p

一宮町繁盛地区で、廃校をゲストハウスに
リノベーション。地元と都市部の
積極的な交流で、地域の活性化に挑戦!

一宮町繁盛地区で、廃校をゲストハウスにリノベーション。地元と都市部の積極的な交流で、地域の活性化に挑戦!

 

一宮町繁盛地区で、廃校をゲストハウスに
リノベーション。地元と都市部の
積極的な交流で、地域の活性化に挑戦!

兵庫県宍粟市の最北部、揖保川源流の清流と1,000メートル級の山々を有する自然豊かな一宮町繁盛(はんせ)地区。
平成28年、地元の繁盛小学校が143年の歴史に幕を閉じたことをきっかけに、地域創生への取組を始めた。「繁盛」という地名のブランド化をはじめ、米や甘酒の特産品化や自然体験事業の他、旧小学校をゲストハウスとして活動拠点に活用。
令和2年には地元と都市部の有志、地域おこし協力隊との連携によりNPO法人More繁盛(以下、More繁盛)を設立し、「おもしろき、繁盛をもっとおもしろく」のスローガンのもと、地元にあるものを活かしたユニークな地域づくり活動に取り組んでいる。

【NPO法人More繁盛】
加速する地域の高齢化と人口減少に危機感を抱いた、繁盛地区8自治会の有志たちが、平成28年に繁盛地区まちづくり協議会More繁盛を結成。
令和元年より旧繁盛小学校の再活用をスタートし、地域内外の交流拠点として整備を進め、生産・加工・販売・商品企画・イベント企画・旅館業の6部会により、特産品開発やイベントの企画・運営を行っている。
令和2年には、地域が直面する課題を独自の発想で解決し、住み良い地域社会づくりに取り組む団体として、「あしたのまち・くらしづくり活動賞 兵庫県奨励賞」を受賞した。

1 2 3 4 5