未来のすごいすと

学生流むらづくりプロジェクト 木の家兵庫県神戸市

「元気になりたい村」で、木の家をつくる

「ログハウスを造りたい!」 学生たちの希望を受け入れてくれた観音寺集落との出会いは、平成22年。

65歳以上の人が36%を超える高齢化の村(平成29年3月末現在)。村の人たちの「集落を変えたい」という想いも後押しに。[写真:多可町の取り組む「菜の花エコプロジェクト」にも参加]

地域の人々に温かく迎え入れられ、平成23年、集落から借りた土地での地鎮祭からスタート。

コンセプトは「みんなの田舎をつくろう」。卒業後も、いつでも帰れる「第二の故郷」づくりが目標。

平成25年ログハウスが完成。「ログハウスを活かし、過疎化が進む集落を外部の人にもっと知ってもらおう」と、プロジェクトは次のステージへ。

1 2 3 4 5