未来のすごいすと

灘地域活動センター(N.A.C)兵庫県神戸市

グループ紹介

灘地域活動センター(N.A.C)

平成7年に起こった阪神・淡路大震災をきっかけに平成9年4月に、立ち上がった神戸大学のボランティア団体。
毎週土曜日、JR灘駅近くにある復興住宅「県営岩屋北町住宅」と「HAT神戸灘の浜」で、住民を対象にしたお茶会を開催。慣れない土地で、慣れない暮らしを余儀なくされた人たちにとって、孤独や寂しさを忘れられる、悩みを相談できる、友達に会える、友達をつくれる、そんなご近所同士のつながりを育める場所になるようにと、コミュニティ支援を続けている。

利用者は70代・80代の高齢者を中心に、およそ75人前後。「毎週楽しみにしている」という声、「楽しかった」と帰っていく人、「また一緒に!」と声をかけ合う人……。
「住民さんたちが楽しそうに話しているのを、見ているだけでうれしい!」とリーダーの田中さん。
活動を続けていてよかったと思えるのは、そんな光景を目にする瞬間だ。
時には住民の愚痴を学生が聞き、時には就職活動で疲れた学生を住民が励ます。長年にわたる活動で生まれた信頼関係が、お互いを支えている。
「住民同士の関係性を崩さないためにも、こうした出会いの場は大切。提供を続けたい。ボランティアだと固く受け止めず、おじいちゃんおばあちゃんとまったりする感覚で、自分の楽しみとして気軽に参加してほしい」と、学生ボランティアの参加を呼びかける。

結成から22年が過ぎた今でも「震災があってのボランティアサークルN.A.C.」という想いは変わらない。平成29年9月には東北の被災地で、“家に閉じこもらず外へ出よう”、“仲の良い友だちをつくろう”、“人とのつながりができることで元気になれる”、“孤独死だって防げるはず”、そんな想いとともにお茶会を開いた。
「新しくできた公営住宅でチラシを配り、集まってもらいました。自治会の方が『閉じこもりがちだった人が、ご近所同士でつながれたのは大きな意義がある』と言ってくださった言葉がうれしかった。」

「コミュニティをつくり、守ることが本当の復興支援だと思っています」と言う田中さん。仲良くなるだけじゃなく、仲良くなった後こそ大切。“住民が集まる場”、“住民と学生が出会える場”、“そんな場をつくり、守ること”。N.A.C.の活動は、これからも続いていく。

N.A.C. 田中裕大(たなかゆうだい) 神戸大学経済学部3回生

N.A.C. リーダー紹介

実は、ボランティア活動がしたかったわけじゃなかったんです。
「サークル活動に参加したい、自分でもできることって何だろう」と考えた時に浮かんだのがボランティアでした。
N.A.C.では、高齢者の皆さんとひたすらおしゃべりをします。皆さん人生経験が豊富なので、話を聴いているだけで勉強になることが多いんです。感覚的にはボランティア活動をしているというより、週一回、住民さんたちと仲良くなりに行っている感覚。今ではすっかり自分の楽しみになっています。

一番楽しかったのは、1回生の時に自分が企画を担当した秋のイベント。ハロウィンの飾りや、かぼちゃの茶巾絞りを一緒に作ったり、自分が頑張って準備したものが住民さんたちに喜ばれたのが、一番の思い出です。楽しんでもらえてうれしすぎました!
人に喜んでもらえることが自分の喜びなんだと、N.A.C.の活動を通じて気が付いたんです。それがきっかけで、人に喜んでもらえる仕事がしたいと思うようになりました。

リーダーになってから、ますますN.A.C.が好きになり活動が楽しいと思えています。その一方で、22年も続いているサークルだけに責任の重さも感じます。メンバーが減ってきていることを考えると、これからも活動を続けていけるだろうかって不安もついてまわりますが、僕たちが辞めたら、住民さんたちが出会う場がなくなってしまう。借り上げ住宅の問題や孤独死など、震災から生まれた課題はまだ完全には無くなっていません。問題を抱え続けている人がまだいるからこそ、そんな人たちを気に掛け合えるきっかけをつくるこの活動は、絶対に必要だと思っているんです。

1 2 3 4 5