スティールパン楽団「ファンタスティックス」
神戸市長田区

List_p

音楽は、明日を生きる希望になる! 
神戸新長田から届ける、元気と笑顔のメッセージ

音楽は、明日を生きる希望になる!神戸新長田から届ける、元気と笑顔のメッセージ

 

音楽は、明日を生きる希望になる! 
神戸新長田から届ける、元気と笑顔のメッセージ

平成7年の阪神・淡路大震災により、大きな打撃を受けた神戸市新長田地区。復興への足掛かりを模索していた新長田の商店街に、音楽というきっかけがもたらされたのは震災から7年目の春だった。初めて目にしたスティールパン(*)の美しい音色に再生への願いを託し、オーケストラを結成。叩くだけで誰でも楽しめるシンプルな楽器にもかかわらず、メンバーたちが「人生が変わった」と口にするほど、多くの人を魅了し続けるスティールパン。エンターテインメントとして、防災教育として。時には人の心に希望を生み出す存在として。音楽の力や、演奏の楽しさを地域に届けながら、結成21年目を迎えた。

 

*スティールパン:カリブ海のトリニダード・トバゴ共和国が発祥。大小様々な大きさのドラム缶を音階が出るように加工した打楽器。

【スティールパン楽団「ファンタスティックス」】
平成13年「神戸21世紀・復興記念事業(*)」として、神戸市長田区の商店街で開催された「長田ラテンミュージックストリート」への参加をきっかけに、新長田地区の商店主を中心に結成。事業終了後も演奏活動を通じて、人やまちの再生、新長田からの新たな文化の発信を目指そうと、平成14年「アスタ新長田スティールパン振興会」を発足。スティールパンスクールの運営や自主コンサートの開催を中心に、地元の学校や福祉施設、地域イベント、被災地での演奏活動などをボランティアで行い、スティールパンの普及・振興に取り組んでいる。令和2年12月には、「国際マリンバ&スティールパンフェスティバル」世界大会で、部門別1位に輝いた。

 

*「神戸21世紀・復興記念事業」:阪神・淡路大震災の被災地支援への感謝を伝え、復興したまちを披露するため、平成13年に行政と市民が一緒になって開いた復興イベント。神戸市内各地で257日間にわたり、400以上の催しが開かれた。

1 2 3 4 5