未来のすごいすと

NPO法人 本と温泉兵庫県豊岡市

「文豪」が地域資源! 新たな温泉地文学で再興を

「おもしろいこと、今までになかったこと」へ挑戦を続ける温泉旅館の若旦那衆17名。平成25年、NPO法人「本と温泉」を立ち上げ、「城崎と文学」のPRに取り組んでいる。

平成25年は志賀直哉の城崎温泉来湯100年目にあたる記念の年。「歴史と文学と出湯のまち」城崎を知らしめる要素として、もう一度「文学」を見つめ直そうと「本と温泉」プロジェクトが始まった。

城崎温泉のイメージは「カニ」。しかし今は、取り寄せればどこにいても食べられるため、ブランド力の低下は否めない。「城崎温泉でしか体験できない楽しみとは?」と模索が続く中、生まれた発想だった。

「本を出す!?」。誰も経験のないアイデアに右往左往していた時、「ちょっとおせっかいをしてあげようか?」と知人に紹介されたのがブックディレクター幅允孝(はばよしたか)さん。

「本と温泉」の本は、城崎温泉に足を運ばなければ買うことができない。「本当に売れるのか?」という不安をよそに「城崎でしか買えない」という不自由さが注目を集め売れ行きは好調。合計3万部に達する勢い(平成29年10月現在)。

1 2 3 4 5